沖縄の昔話やネタを紹介します。

水納島の伝説

  • HOME »
  • 水納島の伝説

トロピカルぬらりひょんが一押しする絶対お得な中古パソコン情報を毎週更新しています。「こちらからどうぞ。」


 

 

 

トロぬら一家が楽しい情報を集めました。

沖縄本島の本部(もとぶ)半島の沖1500m程のところにこんなんがある。

パンと違う。クロワッサンみたいだけど島じゃ。

Minna_Island,Motobu,Okinawa

水納島(みんなしま)と言う。みんなの島ではない。
だけど、これから話すことは、そんなんみたいな話じゃ。
この島の取り合いの話じゃ。

もう一つ島がまつわる。

これじゃ。

6ec9b99c3865126e8fb6dad3f76fd9f9

洋梨みたいじゃ。この島は本部半島と橋で繋がっちょる。
水納島はこの島のすぐ東にあるんじゃ。

せこい奴らがみんなの島を取り合いする話じゃ。

 

沖縄本島のど真ん中に北に突き出た半島がある。1975年に国際万国博覧会「沖縄海洋博」があった半島じゃ。

motobu4kmN

トロピカルぬらりひょんが一押しする絶対お得な中古パソコン情報を毎週更新しています。「こちらからどうぞ。」


 

 

 

トロぬら一家が楽しい情報を集めました。

「・・ガーピーッ・現場現場こちら本部どうぞ!ガー」

「こちら本部。感度良好、現状知らせ。どーぞ!ガー」

の本部(ほんぶ)と違う。「もとぶ」と読む。覚えちょれ。

この話はこのあたりに伝わっちょる話じゃ。

昔のことじゃ。神様しかおらん昔の話じゃ。

世の中の始まりの頃、天人(あーまんちゅー)が瀬底島(せそこしま)と水納島(みんなしま)を天秤棒で担ぎよった。

そうしたら、当たり前の話じゃが、あんまり重たいんで、天秤棒が肩のところで折れてしもうた。

そこで、折れた時に両方の島が海に落ちたんじゃ。その落っこち方は、
瀬底島の方は東に傾いて落ちてしもうたもんじゃから、東側は高いところだけ水没を免れたんじゃ。

嘘みたいじゃろ。しかし、証拠がある。東側が細くなっているのがその証拠じゃ。

もうひとつの水納島の方はそのまま座るように落ちたんじゃが、真ん中が凹んでしもうたので、クロワッサンみたいになってしもうた。

でな、困ったことになったんじゃ。落っこちた時に両方とも地下水の通路が切れてしもたんじゃ。

それ以来、水無島というようになったんかのう。そのへんはトロピカルぬらりひょんの作り話じゃ。本気にすな。とにかく、「皆の島」ではない。

神様が本部半島の沖でめちゃめちゃして遊んでいて、島を落っことしてからずーっと時間が過ぎた。

3

人の世の中になった。

瀬底島にも人が住みだした。その頃は伊江島にも既に人が住んでいたんじゃ。

以前に、「うまくーの男」の話をしたじゃろ。あの島じゃ。

でな、

瀬底島の人たちは、水納島をは俺たちのもんじゃと言い張ったんじゃ。
伊江島の人たちも、水納島をは俺たちのもんじゃと言い張ったんじゃ。

「よっしゃ!ほなら、決着をつけようぜい!おう!」

「おう!受けて立つわい。どなえすんじゃ。まけへんどー!」

「水納島の凹んだところに旗を立てて、船を漕いでその旗を取ったもんの勝ちじゃ。世の中なんでも早いもんがちじゃ。領有権は昔から早いもんがちと国際法で決まっちょる。先に既成事実を作らんもんがアホなんじゃ。」

「おう。よーゆーたの。やったるデー。」

このやり取りはどちらのセリフかは知らん。よーするにルールを作って水納島のry老友権争いに決着をつけるちゅーことになった。

いくら国際ルールに則って領有権争いに決着を付けようと言うても、フェアなやり方じゃないと後にしこりが残る。

sesoko_2

トロピカルぬらりひょんが一押しする絶対お得な中古パソコン情報を毎週更新しています。「こちらからどうぞ。」


 

 

 

トロぬら一家が楽しい情報を集めました。

じゃが、水納島のぶん取り合戦は決着は付いたんじゃ。戦略を立てな勝てんのじゃ。

この時の戦略は稚拙なもんじゃ。単純に、近い方が勝っただけのこっちゃ。

当時は、地図がなくて、伊江島の人たちは、どっちが遠いのかしらんかったんじゃろうな。

とにかく水納島は、もともと神様の天秤棒で繋がっとったんじゃから、圧倒的に瀬底島が有利じゃった。圧倒的な楽勝で水納島は瀬底島の人たちの領有権下になったんじゃ。

昔のうちな(沖縄)ん(の)ちゅ(人)は、競漕で揉め事に決着をつける方式を採用していたらしいな。

水納島の領有権が片付いたけど、その後、「中之瀬(なかんぜ)」の領有権問題が始まったんじゃ。

中之瀬は水納島と伊江島の中間にあるんじゃ。

P7172748

今度の戦いは、伊江島VS本部(もとぶ)じゃ。

さて、またも、競漕じゃ!

伊江島か本部(もとぶ)かどっちがかったと思う?

戦略じゃ。

PN2014071201000007.-.-.CI0003

本部の圧勝じゃ。酷い話じゃ。

当時の戦況はこうじゃった。

伊江島の人たちは、本部側は「渡久地(とぐち)」から船を出すものと信じ込んでいたんじゃ。渡久地は本部の良港で有名jまからな。

ところが、本部側は違うところから出発した。

なんと!水納島から出航したんじゃ。なんでじゃと思う?

実はな、水納島は瀬底島のものではあったが、その瀬底島もろとも本部の支配下にあったんじゃ。つまり、瀬底島はおろか、水納島も本部のものじゃったんよ。

今でも名護の南海岸で騒いでるな。よう似ちょる。

辺野古は沖縄じゃ。沖縄は日本じゃ。そーゆーことかいな。違うような気もするな。

総理官邸の強者と久茂地庁舎の強者で競漕したらええんかいのー?

トロピカルぬらりひょんが一押しする絶対お得な中古パソコン情報を毎週更新しています。「こちらからどうぞ。」


 

 

 

トロぬら一家が楽しい情報を集めました。

 

【大黒屋トラベル】国内格安航空券

トロピカルぬらりひょんの書斎 ご婦人、中高年者、       linux挫折経験者向け    優しいパソコン解説      超優しいパソコン用語解説    日本のしきたり         中古PC週刊情報       windows入門         koboで青空文庫

 トロピカルぬらりひょんの書斎

楽天からあなたにオススメ

天然100%国産オーガニック化粧品

沖縄こだわりの手作り黒砂糖「上地屋」

★ あ な た に ★

ここへ掲載ご希望の方は下記メールでお問い合わせください。

掲載できる内容。
・写真一枚
・記事(文字)少ない方がよろしいでしょう。

<逐次対応します。詳細はメール返信でご案内いたします。>
メールアドレス
 nurarihyon@chondara.com

PAGETOP
Copyright © 沖縄エンジョイ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。