沖縄の昔話やネタを紹介します。

沖縄の星の砂は子供星の遺骨じゃ。

  • HOME »
  • 沖縄の星の砂は子供星の遺骨じゃ。

トロピカルぬらりひょんが一押しする絶対お得な中古パソコン情報を毎週更新しています。「こちらからどうぞ。」


 

 

 

トロぬら一家が楽しい情報を集めました。


ヤマトンチュ(大和人。日本本土の保とのこと。ナイチャーとも言う。)がウチナー(うちなわ。沖縄のこと)へきたら、

皆、「星の砂」を小瓶に入れたのをお土産に買っていきよるのう。

この話をしよう。

この砂は、沖縄島(本島)にはない。

星の砂

 

この砂はな、「遺骨」なんじゃ。全部こどもの骨よ。
赤ちゃん星の死骸での、沖縄の南の小さな島の浜の砂になっちょる。

石垣島のすぐ近くにある「竹富島」じゃ。
そこの「カイジ浜」にある。

 

数は減ってきた。でもな、それでいいのじゃ、
島の人たちが可哀想に思って、年に一度祭事をするのじゃ。
このとき、この赤ちゃん骨が天のお母さんの所へ戻れるよう、
線香の根元にこのお骨を入れてな、昇らせてあげてるのじゃ。

だから、減っていくんじゃ。それでいいのじゃ。


この星の子らの話じゃな。

まだ、人間が生まれてもいない昔のことじゃ。

神様だけしかおらんかった。
天の「子(12時、真北)」のところに住んでいた男の神様と
天の「午(6時、真南)」のところに住んでいた女の神様が
結婚したんじゃ。
子の神様星は見えるのう。北極星のことじゃから。
馬の神様星は見えん。

しばらくしたら、お産が近付いてきたので、
天の偉い神様である大明加那志(だいみょうかなし)
に、どこでお産をしたらよいか尋ねよった。
神様は上から見下ろして、「竹富島」を見つけたのじゃ。

竹富島空撮


トロピカルぬらりひょんが一押しする絶対お得な中古パソコン情報を毎週更新しています。「こちらからどうぞ。」


 

 

 

トロぬら一家が楽しい情報を集めました。

 

大明加那志(だいみょうかなし)は、
星の神様夫婦に竹富島の南にある浜が良いとおっしゃった。

星の砂浜
そこは、子供が育つには暖かくて、穏やかな産みじゃから、
健やかに育つはずじゃということじゃった。


竹富島は今でこそのどかな島じゃが
昔、人間がおらん神様の時代はちごうたのよ。

のどかな竹富

天を治めている大名加那志(だいみょうかなし)と
海を治めている七竜宮神(ななりゅうぐうしん)は仲が悪うての、
えらい剣幕で七竜宮神が怒よったのじゃ。

「勝手に断りもなくワシの海に天の子供を産むとはどういうことぞ!」
怒りは激しくて、家来の大蛇に命令したんじゃ。
「あの子供たちを皆喰い殺してしまえ。」


大蛇は七竜宮神(ななりゅうぐうしん)の命令通り、
星の子供たちを全部喰ってしもうた。
そして、糞から子供たちの骨を海にばら撒いたんじゃ。
その星の子供たちの遺骸は、星の形になって、
竹富島の南の「あがり岬」の浜に打ち寄せられたのじゃ。
そこが「カイジ浜」じゃ。

今でも美しい海じゃ

浮かぶ竹富島の船

トロピカルぬらりひょんが一押しする絶対お得な中古パソコン情報を毎週更新しています。「こちらからどうぞ。」


 

 

 

トロぬら一家が楽しい情報を集めました。

【大黒屋トラベル】国内格安航空券

トロピカルぬらりひょんの書斎 ご婦人、中高年者、       linux挫折経験者向け    優しいパソコン解説      超優しいパソコン用語解説    日本のしきたり         中古PC週刊情報       windows入門         koboで青空文庫

 トロピカルぬらりひょんの書斎

楽天からあなたにオススメ

天然100%国産オーガニック化粧品

沖縄こだわりの手作り黒砂糖「上地屋」

★ あ な た に ★

ここへ掲載ご希望の方は下記メールでお問い合わせください。

掲載できる内容。
・写真一枚
・記事(文字)少ない方がよろしいでしょう。

<逐次対応します。詳細はメール返信でご案内いたします。>
メールアドレス
 nurarihyon@chondara.com

PAGETOP
Copyright © 沖縄エンジョイ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。